大人な情報サイト セックスマガジン
  1. HOME
  2. アダルト体験
  3. お気に入りの風俗嬢と最後の思い出…

毎月のように指名していたお気に入りのデリヘル嬢と最後に生セックスした体験談。

お気に入りの風俗嬢と最後の思い出…

いつもはゴム有だけど最後は生で…

三十路を超えると性欲が衰えてくる…なんてよく言うけど
僕はむしろ昔より性欲が上がっていて
毎日のようにオナニーしている。
彼女も嫁もおらず寂しい性生活を送っている僕だが
月に一度楽しみにしていることがある。
それがデリヘル。給料が入る度に女の子を呼んでプレイを堪能している。
中でも最近お気に入りの女の子がいるんだ。
彼女は20代前半ので小柄スリム体型。
見た目はアイドル並みに可愛くて、なんでデリヘルをやってるのか疑問に思うレベル。
プライベートの連絡先を交換して毎月のように指名していたが、
なんと彼女から近々引退するという連絡が…
最後の指名になってしまうので、奮発して3時間コースで指名する事に。
先にホテルに入り彼女の到着を今か今かと待ちわびる。
10分ほどしてチャイムが鳴ると同時にドアを開けて彼女とご対面。
部屋に入ると彼女から抱きついてきて、いきなりのディープキス。
暫くはお互いの近況を話し合ったり一緒にお風呂に入って恋人気分を味わう。

ベッドに寝転がる女性

そしてベッドに移動して本格的なプレイを開始する。
まずは僕が寝転んで彼女に攻めてもらう。
舌を使って全身を舐め回しながら得意のフェラチオ攻撃。
彼女が最も得意とするねっとりとしたフェラで舐められ
すぐにイキそうになってしまうので限界まで我慢して攻守交代。
小柄な彼女の胸をじっくり愛撫していくと子供のような喘ぎ声が漏れてくる。
先程のお返しとばかりに彼女の全身を舐め回し
薄い陰毛が生えたおまんこを刺激する。
すると我慢できなくなった彼女が自らペニスを手に取って
おまんこに擦り付けてくる。
いつもはゴム有で挿入しているけど、
最後と言うことで生でOKということらしい。
嬉しいやら悲しい気持ちになりながらも
キツめの膣内にズブズブと愚息を挿入する。
膣奥まで到達すると僕の背中に腕を回して濃厚なキスを交わす。
一度ピストンするとあっというまに最高潮の快感に襲われ
すぐに射精感が沸いてくる。
必死に耐えながら小さな体を突きまくっていると
彼女も昇天間近になってきたのか、さらに膣がキツくなってくる。
さすがに僕も限界になってきたので彼女のお腹に大量発射。
久しぶりに味わう生の感覚にいつも以上に長く射精してしまった。
お気に入りの彼女と別れるのは辛いが
最後の生セックスの感覚を大切な思い出として忘れずにいようと思う。

Copyright © 大人な情報サイト セックスマガジン All Rights Reserved.